東京映画日記

主に映画のレビューについて書きます。

どっちの親子にも感情移入しちゃうロッキーファン必見の一作で心を殴られてください!映画「クリード 炎の宿敵」感想

映画「クリード 炎の宿敵」感想

どっちの親子にも感情移入しちゃうロッキーファン必見の一作で心を殴られてください!

f:id:WOOS:20190118105938j:plain

作品データ

原題 Creed II 製作年 2018年 製作国 アメリカ 配給 ワーナー・ブラザース映画 上映時間 130分 映倫区分 G

スタッフ

監督 スティーブン・ケイプル・Jr
製作 シルベスター・スタローン ケビン・キング・テンプルトン チャールズ・ウィンクラー ウィリアム・チャートフ デビッド・ウィンクラー アーウィン・ウィンクラー
製作総指揮 ライアン・クーグラー マイケル・B・ジョーダン ガイ・リーデル
キャラクター創造 シルベスター・スタローン
原案 サッシャ・ペン チェオ・ホダリ・コーカー
脚本 シルベスター・スタローン ジュエル・テイラー
撮影 クレイマー・モーゲンソー
美術 フランコ=ジャコモ・カルボーネ
衣装 リズ・ウルフ
編集 デイナ・E・グローバーマン サイラ・ハイダー ポール・ハーブ
音楽 ルドウィグ・ゴランソン
音楽監修 ファム・ウデオルジ ジェン・マローン

キャスト

マイケル・B・ジョーダン アドニスクリード シルベスター・スタローン ロッキー・バルボア テッサ・トンプソン ビアンカ・テイラー フィリシア・ラシャド メアリー・アン・クリード ドルフ・ラングレン イワン・ドラゴ ロリアン・“ビッグ・ナスティ”・ムンテアヌ ヴィクター・ドラゴ ラッセル・ホーンズビー バディ・マルセル ウッド・ハリス トニー・“リトル・デューク”・バートン アンドレ・ウォード ダニー・“スタントマン”・ウィーラー マイロ・ビンティミリア ブリジット・ニールセン ルミドラ・ドラゴ

解説

「ロッキー」シリーズを新たな主人公アドニスの物語として復活させ、世界中で好評を博した「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。「ロッキー4 炎の友情」で、アドニスの父であり、ロッキーの盟友だったアポロ・クリードを葬ったイワン・ドラコの息子ヴィクターが登場し、アドニスが因縁の対決に挑む姿を描く。ロッキーの指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニスは、かつて父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターと対戦することになる。ヴィクターの反則行為により試合には勝利したものの、納得のいく勝利を飾ることができなかったアドニスは、心身ともに不調に陥ってしまう。やがて婚約者のビアンカが出産して父親になったアドニスは、ロッキーから父親という存在の大切さを諭され、しばらく一線から遠のくことに。しかし、「ボクシングこそが自分そのもの」と気づいたアドニスは、ヴィクターとの再戦を決意する。前作から続いてアドニス役をマイケル・B・ジョーダン、ロッキー役をシルベスター・スタローンが演じ、スタローンは脚本も担当。「ロッキー4」でイワン・ドラコを演じたドルフ・ラングレンも同役で出演。監督は新鋭スティーブン・ケイプル・Jr.が務めた。

映画.comより引用


予告編

[鑑賞データ]

1/11(水)21:15 TOHOシネマズ新宿にて字幕版を鑑賞しました。

客席は6割くらいでした。(初日なのに少ないぞー)

テーマ「父親たちの罪」

f:id:WOOS:20190118105941j:plain

映画.comより引用

 

hulu

本来この映画を2019年最初に観る映画にしようと思ってたのですが、11日公開と少し年明けから日数があったため、3本目になりましたが、良かったですよー。
正直、ライアン・クーグラーが撮らないって聞いたときは不安がよぎったんですが、杞憂に終わってほんとよかった!少なくとも今回のスティーブン・ケイプル・Jr監督が次回作を撮ったら必ず劇場へ行こうと思いましたよ!

 

お話を雑に説明するとロッキー2,3,4,5が混ざり合った感じ。

 

ネタバレあらすじ

前作で激闘の末タイトルマッチに敗れたアドニスマイケル・B・ジョーダン)は、再びタイトルマッチに挑みます。相手は前作でマスタングを賭けて行ったスパーリングで敗れた相手です。
控え室ではロッキー(シルヴェスター・スタローン)が、アドニスに問います。「お前は誰のために戦うんだ?」アドニスは自分のためと答えリングに上がります。
アドニスは見事にリベンジに成功し、チャンピオンベルト奪取と、車の奪回に成功します。
その夜ビアンカテッサ・トンプソン)に結婚を申し込んだアドニスはOKをもらい二人は結婚します。
そうした矢先、ロシアから因縁の相手がやってきます。それは、父アポロ(カール・ウェザース)をリング上で殺し、その後ロッキーに敗れたイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)とその息子ヴィクター・ドラゴ(フロリアン・“ビッグ・ナスティ”・ムンテアヌ)でした。
ヴィクターは試合数は少ないながらメキメキと頭角をあらわしていて、父同士の因縁もちろんありますが、テレビでアドニスに挑発を繰り返し対戦を煽ります。
この挑戦者が執拗に絡んでくると言うのはロッキー3のクラバーや、ロッキー4のドラゴに通ずるとことがありますね。あ、2のアポロもそうか。。。
そんなこんなをやってるうちに妻の妊娠が発覚します。
殺された父の為、運命の相手ヴィクターに挑戦することを決めますが、ロッキーは反対します。
おそらく親友アポロの姿が重なったのか、アドニスの目が虎の目をしていなかったのか理由はわかりませんが、トレーナーを降りたロッキーをアドニスは拒絶します。
レーニング拠点をフィラデルフィアから地元のロサンゼルスに移したアドニスは、新居も購入します。
そして、アポロのトレーナーだったデュークの息子リトル・デュークにトレーナーをしてもらい、トレーニングを行います。
クリード家にとっては不倶戴天の敵であるドラゴ家とのタイトルマッチに向けてトレーニングは始まりますが、アドニスは気負いすぎてあまりトレーニングに集中できてないように見えます。
そしてタイトルマッチを戦うのですが、ヴィクターのパワーにアドニスは手も足も出ずやられてしまいますが、試合の終盤にダウンし膝をついている状態のアドニスにパンチを入れてしまい、ヴィクターの反則負けになってしまいました。
WBCヘビー級王座を防衛することはできましたが、試合内容は完全に負けの内容でした。
肋骨を骨折するなどの大怪我を負ったアドニスは、病院で失意の中ロッキーと再会します。
態度を改めないアドニスはロッキーを拒絶しますが、ロッキーはただ謝るだけでした。

 

一方ヴィクターは目覚しい活躍を上げていきついに政府高官に夕食会に招かれます。
そこにいたのは父イワンと自分を捨てて出て行った母親ルドミラ(ブリジット・ニールセン)でした。
彼女は政府高官の妻となっていたのです。
激しい怒りを持ったヴィクターでしたが、その怒りをぶつけるように激しいトレーニングに取り組みます。

 

しばらくアドニスは無気力な状態が続きますが、王座を保持したままなので次の試合をする必要があります。
練習にも出ずにフラフラと実家に帰ると母親の姿はなくそこにいたのはロッキーでした。
ロッキーはここでもう一度誰のために戦っているのかをアドニスに問います。戦う理由を取り戻したアドニスはヴィクター・ドラゴとの再戦を決め、ここで改めてロッキーにトレーナーを申し込みます。
そしてついに待望の娘が生まれます。しかし後日の検査で娘の聴覚に異常があるという可能性が出てきました。
しかし父親になったことで、次第に自分を取り戻していきます。
イワンとロッキーが戦った時、ロッキーはロシアでトレーニングを行いましたが、今回アドニスのためにロッキーが選んだのは砂漠でした。そこで対ヴィクター用のトレーニングを積んだのです。
そして、ついにリターンマッチの日アドニスはシンガーである妻ビアンカの歌とともに登場します。
自分のために他tかうのだが、一人で戦っているわけではないことに気づいたアドニスはチームとしてヴィクターにぶつかって行きます。
前回同様ヴィクターのパンチは重く何度も倒されます。しかし、万事休すに思えた時にアドニスのパンチがヴィクターをとらえます。
そこからは壮絶な打ち合いになります。
ヴィクターが不利な状態になった時母親ルドミラは席を立ってしまいます。
そして、ドラゴ親子の心は折れタオルが投入されます。
最後に立っていたのはアドニスでした。
宿命の戦いに勝利したアドニスは、ロッキーにも家族に会いに行くという挑戦をすることを促します。
ラストは息子との再会と孫との初対面でした。
ロッキーはアドニスにボクシングで打ち勝つ方法を教え、アドニスに家族の大切さを思い出させてもらったのです。

 

自分のために戦え

f:id:WOOS:20190118105944j:plain

映画.comより引用

誰のために戦っているのかという問いをアドニスは何回もしていると思いますが、おそらく純粋であれということかなとも思いました。
競技本番というのは練習で積み重ねた以上のものは出ません。(偶然出てしまうこともあるけど)だからそれがポジティブなものであれ、ネガティブなものであれ感情を入れるべきではなく冷静に進めないといけないと思います。
だから、最初の対戦前のアドニスをみたロッキーは、今は他の感情が入ってまともに競技ができないだろうと踏んだのではないでしょうか?
そして、2度目の対戦の時にデザインは同じですが黒みがかった星条旗柄のトランクスにしたのは、アポロのリベンジマッチではなく自分のリベンジマッチにしたからということだと思います。

家族の話がより濃い

f:id:WOOS:20190118105948j:plain

imdbより引用

今回はアドニスにも子供が生まれ、親子とか家族の話がより濃い話になっていましたね。
ただ、親から受け継ぐものは決してポジティブなものだけではなくて「因縁」や「憎悪」、「障害」だったりネガティブなものも受け取ってしまうこともあるけど、それを「生きている中でポジティブなものに変えていけばいいじゃない」というメッセージが詰まっているような気がしました。
また、師匠ロッキーが最後にアドニスに家族を思い出させてもらって、ずっと会っていなかった息子に会いにいくというのもすごくグッとくる展開でした。(孫の顔エイドリアンに似すぎ笑)

それにしてもドラゴ親子

f:id:WOOS:20190118105951j:plain

imdbより引用

ボクサーだから戦って、結果的にアポロをリング上で殺してしまい一瞬英雄になり、その後祖国でロッキーに敗れて嫁さんに出て行かれた父イワン。
父に言われたからファイターになって頑張って、チャンピオンになれるくらい強くなって実際チャンピオンを圧倒したのに、結局父と同じように祖国で敗れてしまった子ヴィクター。
正直、可哀想すぎません?
でも、最後の最後でまた親子でトレーニングを再開した描写もありましたし、また鍛え直してアドニスに挑戦するもいいし、他団体のチャンピオンになってもいいし、「きっと二人ならできるよ」と思わず応援したくなる二人でした。

関連

前作です。これはまあ今回の作品を見る前に見とかないとダメでしょう。

 

この話の因縁が生まれたロッキー4ですね。これも見とかないとダメでしょう。

 

熱いものが不足している人はこれで全作品見てください。

 

 

まとめ

このシリーズは全人類におすすめなので、見ましょう。逆に今劇場で観ないと10年後観観なかったことを後悔しますよ。

オススメ度

(★★★★★)5/5

こんな人にオススメ

・自分がうまくいかないのを他人や環境のせいにしがちな人
・なんのために生きているかを見失っている人
・ロッキーシリーズおよびクリード1を見たことがある全ての人

映画「ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー」感想

映画「ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー」感想

エンダ〜で有名な歌姫ホイットニー・ヒューストンの人生を描くドキュメンタリー

f:id:WOOS:20190110171419j:plain

作品データ

原題 Whitney 製作年 2018年 製作国 イギリス 配給 ポニーキャニオン、STAR CHANNEL MOVIES 上映時間 120分 映倫区分 G

スタッフ

監督 ケビン・マクドナルド
製作 サイモン・チン ジョナサン・チン リサ・アースパマー
製作総指揮 ニコール・デビッド パット・ヒューストン ウィル・クラーク アンディ・メイソン マイク・ルナゴール ザンヌ・ディバイン ローザンヌ・コーレンバーグ ジョー・パトリック
撮影 ネルソン・ヒューム
編集 サム・ライス=エドワーズ

キャスト

ホイットニー・ヒューストン
シシー・ヒューストン
エレン・ホワイト
メアリー・ジョーンズ
パット・ヒューストン
ボビー・ブラウン
クライブ・デイビス
ジョン・ヒューストン
ケビン・コスナー
ケニー・“ベイビーフェイス”・エドモンズ

解説

ホイットニー・ヒューストンの素顔に迫るドキュメンタリー。1980~90年代を代表する女性シンガーで、グラミー賞に8度輝き、全世界で2億枚以上のアルバム売り上げたホイットニー・ヒューストン。その輝かしい栄光の陰でボビー・ブラウンとの結婚を境に、薬物問題、複雑な家族問題などが話題を集めるようになり、2012年2月に48歳という若さで不慮の死を遂げた。ホイットニー・ヒューストン財団公認による本作では、ホームビデオなどの映像や音源など、膨大なアーカイブから未発表素材のほか、彼女の家族、友人、仕事仲間などの証言から、ホイットニー・ヒューストンの真の姿を紡いでいく。監督は「ブラック・セプテンバー 五輪テロの真実」で第72回アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞したケビン・マクドナルド。

映画.comより引用


予告編

[鑑賞データ]

1/7(月)19:25 TOHOシネマズ新宿にて字幕版を鑑賞しました。

客席は5割くらいでした。

テーマ「歌姫の人生」

f:id:WOOS:20190110171405j:plain

映画.comより引用

 

hulu

あらすじ・感想

アト6でノーナリーブス西寺豪太さんのホイットニー特集が決まりましたね!超楽しみ!

 

お話はドキュメンタリーなので、大体ホイットニー・ヒューストンの人生を彼女の素晴らしい音楽を交えつつ赤裸々に描いていました。
インタビューには親族や、関わったレコード会社の人、そして一番驚いたのは元夫ボビー・ブラウンがインタビューに答えていたことでした。

 

音楽一家のサラブレッドだった

ニュージャージー州ニューアーク生まれのホイットニーはデビュー当時のお嬢様イメージとは違いゲットー育ちでした。(wikipediaによると住人の50%以上が黒人)
母シシー・ヒューストンはアレサ・フランクリンやエルヴィス・ プレスリーのバックコーラスを務め、本人もソロとしてデビューしていましたが、それほど大きなヒットには恵まれませんでしたが、幼い娘ホイットニーにその才能を見出すと自分が持てる技術全てを叩き込みます。
ホイットニーはそれに答え、天才シンガーとして才能を開花させます。
ある日16〜17歳になった彼女は突然声が出ないという母の代わりにステージに立ちます。
その姿はその年齢にして完全に母シシーのステージを再現し、観客を魅了するまでに成長していました。
いとこや叔母もプロのシンガーで、完全にそのシンガーの血は色濃くホイットニーに受け継がれたようですね。

f:id:WOOS:20190110171415j:plain

映画.comより引用

 

親友ロビン

ニューアーク(住民の大半が黒人)で起こった暴動をきっかけに一家は近隣のイースト・オレンジに引っ越し、そこでゴスペル聖歌隊に加わります。
つまり彼女のベースは多くの黒人シンガーがそうであるようにゴスペルになります。
そしてホイットニーはカトリック系の全寮制の女子校に通い、そこでマネージャーのような形でキャリアの多くを共にすることに親友ロビン・クロフォードと出会います。

f:id:WOOS:20190110171411j:plain

映画.comより引用

このロビン(左から2番目)とは親友であり恋人のような関係だったのかもしれません。

 

アリスタレコードとの契約

しばらくはモデルをやっていたのですが、シンガーとして着々と力をつけていきます。
レコード会社からのオファーは2社きていて、その2社のうち超敏腕プロデューサーのクライヴ・デイビス率いるアリスタレコードと契約します。
ここでテレビに初出演時の映像が流れますが、初々しくて良いんですよ。
但し、そこで見せたパフォーマンスは圧巻の歌声でした。
この放送内容は映画でフルで観れるのでオススメです。

 

衝撃だったスーパーボウル国歌斉唱

ヒット曲もでて瞬く間にスターになるのですが、おそらく彼女の人気を決定づけたのはこれなんじゃ無いでしょうか?
僕が小学生だったある日NFLスーパーボウルが行われたことがスポーツニュースで報道されていました。
そのオープニングで披露されたのがこのアメリカ国家The Star-Spangled Bannerです。

これがこの映画でも使われていて、映画館の大音量で聴けるだけでも観に行く価値あると思いますよ!

 

ボビー・ブラウンとの出会い

世間から同性愛者疑惑を持たれていたホイットニーでしたが、それを払拭するようにエディ・マーフィなど時のスターと浮名を流します。
そして、ある日ニューエディションからソロとして活動を始めたボビー・ブラウンが現れ、二人は恋に落ち結婚します。
しかし、これが結果的には悲劇的な最後の始まりだったのかもしれません。

 

映画ボディガード出演そしてAllways love you大ヒット

彼女のキャリアを決定づけたのは、この映画「ボディガード」出演と主題歌のオールウェイズ・ラブ・ユーのヒットでしょう。
ここは、あまりにも有名なのでわりとサーっと流されていたように思います。

 

頂点を極めていく妻と没落していく夫

この頃から夫ボビー・ブラウンとのキャリアの差が顕著になっていきます。
でも、ボビーは古いタイプの男性のため自分より妻が自分より稼ぐことが我慢できません。
ホイットニーもデュエット曲を作ろうとしたりするなど夫のキャリアを立て直そうと頑張りますが、ボビー本人が本気になってくれません。
次第に夫は浮気に走るようになり、ホイットニーも仕事に没頭するようになります。

 

DV問題、薬物問題

そして、ボビーによるDV問題や本人の薬物問題などでついにホイットニー自身も没落していきます。
アルコールの影響かそれとも薬物の影響かはわかりませんが映画では、とにかく声が出ていないろれつも回っていない太っているステージの様子が描かれていて、あの歌姫の面影は微塵もない惨憺たるステージでした。

 

復活そして突然の死

そんな状況でしたがボビーとの離婚も成立し、クライヴデイビスプロデュースで出したアルバムはビルボードチャート1位を獲得するなど見事復活を果たしたかに思えたのですが、またドラッグの問題などが再発し破産寸前であることが報じられ、晩年は寂しいものでした。

 

雑感

大体ホイットニーの人生の順を追って描かれたドキュメンタリーでしたが、ここまで詳細には知らなかった事実が多くあったのと、当時のフッテージが多く登場するので、ファンならずとも劇場で見た方がいい作品であることは間違いないでしょう。

関連

とりあえずベスト盤は押さえておきたいですね。

 

割とベタな話ですが、全盛期のホイットニーです。

 

ボビー・ブラウンの名盤です。

 

 

まとめ

アーティストとして奇跡的な人だったと思います。息が長い活躍をしてくれればよかったのに。。

オススメ度

(★★★★)4/5

こんな人にオススメ

ホイットニー・ヒューストンのファンの人
・自分より仕事ができなさそうな男と結婚しそうな女性
西寺郷太さんの特集を聴いた人

2018年シネマランキング

2018年に観た新作映画ランキング

f:id:WOOS:20180929212938p:plain

 

 ご挨拶

今年もいよいよ大晦日ですね。

みなさんは今年どんな映画を何本観ましたか?

適当に始めたこのブログも多少アクセスが入る様になり、誰かに読んでもらえると分かっただけで、続ける意欲になります。ありがとうございます。

今年私は110本の新作映画を劇場で観たのですが、いろいろ仕事がバタバタしていたこともあり全ての映画の感想を書く事が出来なかったのが、残念ですね。。

なんとかこの年末年始の間に、書ける分は書いていこうと思います。

来年の目標はできるだけ観た映画の感想は書こうと思っています。

個人的に映画に順位をつけるのってどうかとも思うんですが、人のランキング見るのって結構楽しいんですよね。

 

それでは発表前にまずは。。。

今年観た映画リスト

hulu

2018シネマランキング

さて、いよいよ発表します。

hulu

10位:アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル

f:id:WOOS:20181231173848j:plain

才能はあるが、周りの環境が悪かった残念。という天才スケーター「トーニャ・ハーディング」の伝記映画。

周囲の人間がバカ、利己的、暴力的、と映画的脚色はもちろんあったでしょうが、ここまでひどい中トーニャはよく頑張ったよという感じです。

 当時の事件をうっすら覚えているだけに余計楽しめました。

ぼくの感想はこんな感じ

 

9位:犬ヶ島

f:id:WOOS:20181231173845j:plain

ウェス・アンダーソンによる可愛くも狂った日本描写のストップモーションアニメ。

情報量がめちゃくちゃ多い作品なので、結構何回も観ないと全部の情報は見つけられないと思います。

 

8位:ウインド・リバー

f:id:WOOS:20181231173842j:plain

インディアン保留地でおこった殺人事件を、派遣されたFBI捜査官と友人の娘を殺された地元のレンジャーが力を合わせて捜査するが、ここは広大な敷地に警官6名しかいないという僻地。法が及ばない地という意味ではまさに現代の西部開拓時代のような物語。

 

7位:へレディタリー/継承

f:id:WOOS:20181231173839j:plain

風変わりな一家の長のおばあさんが亡くなり、どうもそのおばあさんは怪しいカルト宗教の信望者だったらしくそこから始まる家庭内の地獄。

家族という呪いが凝縮された本当に嫌な映画。

ぼくの感想はこんな感じ

 

6位:ミッション:インポッシブル/フォールアウト

f:id:WOOS:20181231173836j:plain

超人的な男トム・クルーズが演じるイーサン・ハントの超絶アクションと疑似家族ともいえる彼のチームが今回も大活躍というか、大炎上というかとにかくシリーズ屈指の気が触れたスタントの数々をサーカスを見るような感じで眺める映画。

 

5位:バッド・ジーニアス 危険な天才たち

f:id:WOOS:20181231173833j:plain

タイ発の「カンニング」というテーマをケイパーものとして見る事が出来る映画で、エンターテイメントとしても面白いのだが、タイの貧富の差だったり学校の仕組みだったり、タイという国についても教えてくれる興味深い映画。

僕の感想はこんな感じ

 

4位:フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

f:id:WOOS:20181231173831j:plain

フロリダ版「万引き家族」ともいえる、アメリカの貧困シングルマザーの悲惨な日常を描いているのだが、子供の視点で描かれている点とディズニーリゾートの近くで気候もいい土地という点で、割とポップな絵作りをしている異色作。

子役の演技がかなり秀逸。

 

3位:パティ・ケイク$

f:id:WOOS:20181231173827j:plain

太っていて貧乏でラッパーとして成功を夢見る白人女性が主人公で、アジア系のラッパー仲間、黒人のトラックメイカー、祖母と共にラップグループを結成して成り上がろうとする言わば「負け犬たちのワンスアゲインもの by宇多丸師匠」

田舎の嫌な感じ、家族の嫌な感じ、恋の嫌な感じ、総じて青春の嫌な感じがたくさん出てきますが、全部回収してくれるラストが待ってます。

ぼくの感想はこんな感じ

 

2位:アンダー・ザ・シルバーレイク

f:id:WOOS:20181231173824j:plain

田舎から夢を見てハリウッドに出てきた男が、30過ぎても定職につかずその日暮らしをしているが、うだつが上がらないのは陰謀なんじゃないかと思い出し、陰謀論にとりつかれてその謎を解き明かそうと足掻く数日の話。

万人受はしないと思うけど、楽しめる人にとっては中毒性が高い映画だとおもいます。

 ぼくの感想はこんな感じ

1位:愛しのアイリーン

f:id:WOOS:20181231173822j:plain

田舎の寒村の独身の結婚をしたい中年男が、これまでの生き方を全否定されるような出来事をきっかけに、フィリピンに嫁を買いに行き、本能のままに欲望の赴くままに突っ走って人生から墜落していく様子とそれに巻き込まれて大変な目に遭うフィリピン人妻と主人公の周囲の人を描く作品。

今まさに雪国でこのブログを書いてますが、本当に嫌だけど心に突き刺さる映画。

ぼくの感想はこんな感じです

 

2018年の総括

基本的にひどい状況、環境で巻き起こる騒動や目も当てられない事件などを扱った映画が面白かった一年のような気がしました。個人的に僕自身がその手の映画が好きってせいもありますが。

みなさんのランキングはいかがだったでしょうか?

あと、今年もムービーウォッチメンの課題映画を完走できたのがよかったですね。

来年もいい映画がたくさん観れるといいなぁ。

それではよいお年を!